☆月間LIVE予定は
CATEGORIES欄のスケジュールからも!! 
        
        
★弔辞・古澤良治郎さん。川村年勝 。 。。
    =古澤良治郎さんの事=
                   川村年勝

 良治郎さんが不思議な散歩に出かけて
   一日一日と過ぎて行きます。 
くそ真面目なドラマーは負けず嫌いで意地っ張り!。      
融通の利かない努力家は人一倍一生懸命に音楽人生を
謳歌して貧乏の無い天界へと旅立ってしまいました。 

不器用で正直者はこの世には珍しいぐらいに純粋で
真っ直ぐな性格でした。 
嘘のつけないドラミングから多くの感動をもらいました。  
誰もがくちずさめるほのぼのメロデイーは
一体何処から生まれたのだろう。

毎日疲れてしまうほどに真剣に生きて、
休みの嫌いな人でした。
 
 コンビを組んで34年、
文字通りとことんの付き合いだったですね。 
意固地で意地っ張りで大概めんどくさい人だったのに
逝く時はあっけなかった。

「オレ!帰る」と酒場で宣言する 
「ほんとにかえるヨ」 
このやりとりを毎回下手な芝居の様に繰り返し、
やっと帰る変な叔父さんでした。

故川端民生と熱い音楽論争から喧嘩のようになって、
古澤は破れた。 
その日の朝方5;00ごろ泣きながら電話があって、 
「オレもうバタとは一緒にやれないかもしれない!」
なんて落胆してた。

ボブ・マーレーの東京公演を観た翌日に事務所に来て 
「オレ、ドラム辞めてもいいから
     ボブ・マーレーのぼうやになりたい!」 
 顔を見たら本気だった。

朝出勤したら事務所のドア前に正座して 
「昨日はスミマセンでした」としきりに謝っている。 
どうも酒を飲み交わしている内に 
「いつでも古澤良治郎のマネージメントから手を引く」
と云った事を間に受けてしまったようだ。

キジムナツアー中、
 毎日リー・オスカーのアルバムをヘッドホーンで聴きながら 
「オレ、こいつに会いたい。一緒にやれたら死んでもいい!」 
初渡米の時、機内で「サイトシング」(*1)を覚えられなくて、
当時コロンビアのデレクターだったサイトウさんがスイングするから
「サイトシングだ」と覚えた。

ベオ・カリーニヨ(良治郎さんの不思議な散歩にに入っている)は
愛娘祥子ちゃんと世界中の人へ愛を送った作品です。

豚汁定食に納豆を付けるのが大好物でした。 
高速道路のサービスエリアレストランに豚汁定食がないと
不機嫌でした。

毎日パチンコに凝っていた時期があります。 
通帳とハンコを持って二千円下ろして西荻駅前で勝負!
10分で負けて又銀行に行って二千円下ろして打つ、
残高が無くなると事務所の阿部さんに頼んで一万円補充してもらう。
勝った時はいい曲が出来た時と同じ様に無邪気に喜んで饒舌となります。

ラッコ、キョン、ビーバー等動物をテーマにした曲がありますが、
自分以外に不思議な動きをする挙動に興味を覚えるのです。
これは人間にも同じですから不思議な民族に出会う度に新曲が生まれます。

人類のルーツに関しての知識は大学教授以上で、研究熱心でした。

女性の付けるブラジャーと云う存在を知らずに、
音大時代に女生徒の背中を叩いたらゴツゴツしてる? 
女子はみんな何処か骨折しているのかと思ったそうだ。

音大を受けるため仙台からレッスンを受けに上京する、
その度に上野駅付近にて補導されたり、
知らない人にご飯を食べさしてもらったり、
一度誘拐されそうになったと話していた。
お風呂に入れと自宅に連れていかれて、ネ。

音大の先輩本田竹広とあのころ事務所の社長だった
私、川村年勝に対しては異常なほど敵意を持って居り 
 「オレ、何時だって勝負してやる!絶対負けない」
なんて意味の無い意地をみせた。

代表作となった「エミ」(キジムナに入っている)は
文枝さんを想って書いた作品です。
ふみと書くと照れくさいから「エミ」にしたのです。 
一番不遇な時期で
西荻の喫茶店「オーク」でバイトしながら
メロデイーが浮かんで来たんだよね!

そっちに行っても又バンドを組むだろうから
本田さん(p)とバタ(bass)とすぐトリオが組めるね?
大出も(g)いるし。 
卓も阿部ちゃんもいるからマネージャーも全然心配ないよ!

ミュージシャンである前に日本男子としての                                                    プライドが有る人でした。 

65歳と短い生涯でしたが 
文字通り音楽一途の素晴らしい生き方でした。

     「古澤良治郎!ばんざ〜い」






     2011年1月16日告別式(*2)にて                     
            川村年勝氏(*3)よりいただいた弔辞より
          




<うめ注釈>
  ☆これはうめもとが川村さんの弔辞を抜粋した文章です。
   下記の注はボク(ume)がしました。

*1)観光ビザでアメリカへ入国するとき、アメリカの税関で
 「目的は観光です」と英語で「Sightseeing」(サイトシーング)とか
  口答しなくちゃいけない。
  英語の「Sightseeing」を「齋藤SWING」「サイトシング」と
  覚えたのだな。ひゃひゃひゃ、

*2)告別式は南青山の「梅窓院」で行われた。記載された時間に行った。
  が、大きな斎場であったのに、当日は予想以上の多い参列者のため、
  ボク(ume)は式場に入れず
  残念ながらこの川村弔辞はライブでは聞いていない。無念。

*3)川村さんは'70〜'80年代に日本のジャズ界に大きな石を投じた
  音楽事務所「アクト」(今は無い)の代表であった。
  伝説のジャズ祭「サマーフォーカス」や「ミラノ座」のライブなど
  その功績は計り知れない。
      そのアクトやジャムライスには、マネージャーに川村さんの他、
  六平さん、中原さん、三田さんが居り、そして徹さん、パクさん、
  また、現ジャムライス代表にはその後に登場した村松がシッカリと
  引き継いで現在に至っている。
  所属ミュージシャンたちには古澤さん、渋谷毅、山下洋輔、坂田明、
  小山彰太、向井滋春、大野えり、など今の日本のジャズ界をリードする
  多士済々な人材が所属していて大盛り上がりの時代だった。
   (ああ・・、いつか、その時代のことをエアジンの側からも
     書き留めておきたいな。いま、エアジンが存在するのも、
    もしも、あの80年代に川村アクトがなければ!!だったからね…)

古澤
        在りし日の 古澤良治郎さん@エアジン 。


                              う。

<おまけアド>
      古澤さんのドキュメントTV. フジテレビ。





19:10 古澤良治郎。 comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
19:10 - - -
comment
`11,1,13,良治郎の奥様の文枝さんより、訃報がありました。そのとき、不覚にも前日の深酒のため、オラは、クタバッておりました。告別式、葬儀の日程などをメモにしたためた女房が、オラをタタキ起こして「良次郎さんが亡くなった」と怒鳴ったのス。
 又オラが何か粗相したにチゲーネーと思い、謝りつつ、酔眼朦朧で、メモをみて、しばらく何が起きたか分かりませんでした。突然涙が出て。声にならない、うなり声しか出なかったのス、誰かと話をしたい、気がついたら、ヴァイブの初山博に電話をしていたのス。初ちゃんの、いつもの穏やかな受け答えで、ちょっ正気になりましたス。
`                           1975年、オラは、念願のジャズ喫茶を、吉祥寺の片隅に開店したのス。その時まだ無名だった、古澤バンドと初山バンドがオラの店のハウスバンドとして、出演してくれて、とても素敵な店を演出してくれたのス。
                            その昔、大学を横に出て、アニメーターをしながら、各地のジャズ喫茶に入り浸っていたオラが、偶然、西荻窪のSという喫茶店で、良次郎と初山博の両雄と知り合ったのス。その頃、古澤良次郎と初山博は、西荻南の、変形二畳半で、同棲生活をしておったのス。皆、とてつもない貧乏暮らしだったス。西荻北でアパート暮らしをしていたオラと、お互いに入り浸りあっていた時代が、しばらく続いたス。                    
 その頃だったス。良次郎は、不器用な恋いとはこういうものだ。とか、ブルースとは何ぞや。コードの概念とはこうなっているのだョ。そして、ミュージシャンとしての生き方はコウだ、金の悩みはドウだ。ジャズ、その他、人生、音楽のみんなみんなを、体を張って教えてくれた良次郎は、オラのオッ師匠さんだったのス。ホンとにあのころは、互いの袋の裏まで見せ合った、大友達でしたス。今はお互い忙しく、オラの方は、もっぱらネット検索で、活躍状態を嬉しく確認することが、ほとんどでしたス。                                         何年か前、ガッコのセンセをやってる、ウチのムスメが上上台風の大ファンで、ライナーズノートにコンポーザーとして古澤良次郎の名前をみつけて、「チチよ、この古澤良次郎って、トータンの友達の良次郎さんなの?」と聞かれ、然りと答え、せがまれて、女房とムスメ、オラと三人でアケタの店に「ね」を聴きにいったのス。そして演奏の合間に、良次郎がオラたちを見つけ、駆け寄ってきて、やァやァ久しぶりなどと旧交をあたためつつ、オラがムスメにほらこの方が、あこがれの良次郎さんだよ、これがウチのムスメです、などと紹介したのス。ムスメは緊張してコチコチ、良次郎は、照れてへどもど、昔どおりの良次郎でした。                                    そして女房と昔話をしているうちに、突然二人で、ウルウル声になって。肩を抱きかねない、勢いで昔話を、続けるのでした。そんな良次郎をみて、見かけはオラとおなじで、チャンジーになっちまったけど、ずっと熱いものを、胸に持ち続けているスゲー善い奴だなー、と心底思ったス。

 ある時、駆け出し時代の、良次郎が、サンバの太鼓を研究して、最初の一歩から、本場の楽隊に負けないレベルまで自分を持ち上げるまでの、約一年、そのそばで固唾をのんで一部始終を見物させてもらったオラ、幸せだったス。なるほど、老婆は一日にしてならず(古いッ、バカかオラは)                              体力的なハンディ、恋と金の悩み、それでも続けるガッツ、執着心、あんたは凄い人だと思ス。弱さと強さと矛盾のゴッタ煮、壮絶な男の生き方、そして、あげくの戦死だと思うス。本当に、これからのヒトだったのに。もったいない気持ちでいっぱいス。とても悲しいス。オメサンがいなくなってしまって。チョッピリ残っていた、オラの青春も終わったス。       
                            家賃を払って、ジャズの店は存在しにくい(出来ない?)時代でがんす。                                                オラは今、家賃無しの、店舗、潰れない店、売り店舗を買って、死ぬときは、音楽(ジャズ)のそばで死にたいと、思いつつ、金を貯めているス。開店をはたしたら両人のバンドに、こけら落としをしてもらうことを心に決めていたス。初山バンドしか残っていないのがとても悲しいス。両バンドがそろうのがオラの夢だったス。
                            店を持つのが早いか、死に
From. 遠藤郁彦 at.2011/08/01 18:56









trackback
トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
カエラ