☆月間LIVE予定は
CATEGORIES欄のスケジュールからも!! 
        
        
さても12月だ。
 




 さあ、今年も12月になりました。


この時期になると、来年のBookingや
来日ミュージシャンへの招待状を書きながら
今月のライブの再チェックをする。

 そして、
今年の手帳を『振り返って』みながら
「ふ〜ん、そうだったねえ」
などと頭の中でつぶやいている。

なので、酒など飲みながら
 少し書く。

 今年もいろいろな出来事があった。

1月は恒例になっている
田代・苗場に正月初滑りスキーだ。
田代の樹氷

幼稚園からの幼なじみ達とカミさんとで行く。
 ほんの20年ほど前までは11月末に
谷川岳・天神平などでスキーができた。
最近はクリスマス寒波も大雪にならず
正月の深雪などは楽しめない。
 やっぱり、温暖化が進んでるんだろうか。

そして、浅川マキさんが言っていた
「一年でいちばん寒い2月」は
今年が30周年記念になった
『エアジンJazz & Snow in八方尾根』だ。
   
1982年に
『山下洋輔さんとスキーに行こう』
とかいって山下一家やエアジン一家と
エアジンのバイトたち、そしてお客さんも交え、
大型観光バス貸し切りでワイワイと始まった。

温泉付き、飲み会付き、ライブ付き、
そしてスキー滑り放題だ。
洋輔さんはじめ、梅津、板橋、つの健、
早坂紗知、永田、トモヒロ、加藤崇之、
前田ユキ、中島久恵、福井友美、モヒカーノ関、
上野哲郎、二本柳守などなどだ、

そして、今年からは遂にLUNAが登場した。
LUNAはスノボーが得意だ。
八方のリーゼンを俺たちスキーと一緒に
滑ってくる。なかなか見事だっ。
で、スキーはヘタだ。

なんだかんだと、八方尾根、蔵王、草津、
苗場、富良野などでも遊んだ。
 現在は八方尾根がホームグランドだ。
そして、ビラ白馬滞在で定着している。

で、3月はエアジンでの
『ライブハウスのバッハ』だ。
これはJ.S.バッハの誕生日をエアジンでも
お祝いのライブをやろう!ってんで
数年前に始まった。
  
 ドレミファの音階や音楽の方法論を
誰にでもわかりやすく整理したのがバッハだ。

ジャズはその恩恵をたっぷりと享受している。
だから「ありがとう」のライブをするのだ。

そして、3月といえば『熱闘甲子園』だ。
この話しは長くなるのでしません。はい。

で、4月は春スキーですね。
  
春スキーはいいよ。Tシャツで滑れるんだ。
ルービィとか食事とかはアルプスを眺めながら
雪の上でパラソルさして食べたりするんだが、
「里は桜、山は新緑が雪の間から。
  ああ、贅沢だな〜〜」ってね。
いやあ、完全にリゾート気分になれる。

そして、爽やかな5月は
『横浜インプロ音楽祭<春>』@エアジンだ。
  僕の誕生月だ。来年もあります、きっと。

これはスイスとの連動で2005年に始まった。
<春>5月と<秋>10月に開催している。

僕がジャズプロのプロデューサーを降りたのが
1993年のブックが最後だ。
その、翌々年に誕生させた音楽祭だ。
ゴールデンウイークの期間に2週間ほど開催する。
ジャズの根っこである即興と自由な音楽をテーマに
した音楽祭だ。会場はエアジンなど。

(※この音楽祭の誕生には
 「横浜ジャズプロムナード」が深く影響している。
この話しはいずれ、しっかりと書いておかなくては
いけないと思っている)

で、6月。
 この梅雨の時期は湿気のため
ベースやバイオリンなど弦楽器の鳴りが良くないので
斉藤徹などのブックに躊躇する。
 しかし、声には良い季節なのでヴォーカルファンは
嬉しい6月だろう。
   tomoca

 そして、7月だっ。

この7/2(月)から
『新横浜エアジン』が開店。

そして、そして、
10月に『初めての入院』となる
 健康診断の結果が出たのがこの7月だ

  じゃあ、またですよ。

            <続く>


2012もいろいろと、、。

ぴな  











 
























00:54 いろんなライブの日 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
00:54 - - -
comment









trackback
http://umemotomusica.jugem.jp/trackback/651
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
カエラ